タコつぼシリーズ第1弾「 山口ゆめ花博に行ってきました!」

Posted on October 09, 2018

昭和58年(1983年)から毎年、全国各地で開催されている花と緑の祭典「全国都市緑化フェア」が、今年は山口県山口市の「山口きらら博記念公園」で開催されています。

1000万の花が咲き誇る9つのゾーンで構成される会場に、10月8日(月)時点で約46万人の方が来場されています。(平成30年9月14日(金)~11月4日(日)52日間の会期中、目標来場者数50万人)

会場正面入口のパレットゲートの先は、山口県内19の市町の新しい個性と魅力を紹介する約100mのメインストリートです。ここでは華道家「假屋崎省吾」さんが19市町の花木で生け花を創作したものがパネルに表現されています。

防府市の生け花には、市の花木の「ウメ」と「サルビア」が使用されていますが、注目点は花器に「タコつぼ」が使用されていることです。

なぜ「タコつぼ」?こちらは、次回のブログで紹介いたしましょう(^ ^)v


[開催期間]開催中~2018年11月4日(日)9:00~21:00

[場所]山口きらら博記念公園


■山口ゆめ花博について詳しくはこちら

防府市Facebook
https://www.facebook.com/hofuc...

山口ゆめ花博公式サイト
http://yumehana-yamaguchi.com/

19BAF9E3-A220-401A-A8A7-660435E8A7FB.jpeg#asset:894

19B1BC81-B2D3-435D-8F1D-C811858C28A1.jpeg#asset:895

F8F8EDD2-6943-4C4B-8367-29BCDC2BE5CE.jpeg#asset:897

CD69C5B6-40AE-44C3-AEE1-04FDD2AAC049.jpeg#asset:898