タコつぼシリーズ第3弾「山口ゆめ花博での体験ワークショップ」

Posted on October 25, 2018

山口県では現在、全国都市緑化フェアが山口市の「山口きらら博記念公園」で開催(平成30年9月14日(金)~11月4日(日)52日間)されています。会期中、県内の全19市町のPRを行う「市町デー」が設定されており、防府市は10月8日(月)体育の日に実施しました。

ステージでのPRパフォーマンスや特設ブースでの物産販売が実施される中、防府市まちの駅うめてらす(以後、うめてらす)企画として、「タコつぼ」に植栽を行う体験ワークショップを開きました。「タコつぼ」の側面に開けられた二つの穴を利用して初雪カズラやカレックス、マリーゴールドなどの花苗をフラワーセラピストの指導のもと、参加者は作業時間約30分でプランターを完成しました。準備した20個の「タコつぼ」は予定時間より早く完売(タコつぼ、花苗料等で1,800円)しました。 10月28日(日)には、うめてらすで同様の体験ワークショップを開催します。その様子は次回ブログで紹介いたしましょう。

■山口ゆめ花博について詳しくはこちら

防府市Facebook

山口ゆめ花博公式サイト


20181008防府の日1200×8002IMG_5165.jpg#asset:92820181008防府の日1200×8003MG_5164.jpg#asset:929