タコつぼシリーズ第4弾「幸せます多幸つぼプランターに彩る「和」の寄せ植えづくり」

Posted on November 15, 2018

 10月28日(日)に、うめてらすを会場に『幸せます多幸つぼプランターに彩る「和」の寄せ植えづくり』ワークショップを開催しました。


「幸せます」とは、「ありがたいです」「うれしく思います」等の意味を持つ山口県の方言です。これに「幸せが増す」の意味も付け加え、平成23年に防府の地域ブランドとしました。

これは、山口県立防府商工高等学校の提案を受けた防府商工会議所によって実現されてもので、地元の事業者の方によって多くの「幸せます」商品が開発されています。これに、以前から存在した「多幸つぼ」を掛け合わせて「幸せます多幸つぼ」と呼んでいます。

10月28日(日)ワークショップでは、植物教室リトルガーデンの上田直美さんを講師に、参加料3,800円、事前にご予約のあった10名の参加者と、多幸つぼの生産地(末田地区)や植物の手入れ方法などの説明を交えながら、山口県の植物や季節の花などで寄せ植えを行いました。

装飾用にアレンジされた多幸つぼは、プランターとしても大活躍です。

皆さんに、防府の情緒あふれる寄せ植えづくりをお楽しみいただきました。

20181028まち博多幸つぼプランター1200×800.jpg#asset:951